オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

学校の卒業記念品で使いはじめる

タンブラーとか水筒などは、普段からキャンペーン品として成立しません。

これには理由があり、単純にいえば、「重たい」記念品なんですよね。

 

重たいとは、本当に使う商品で、いわばキッチングッズですから、

そのキッチングッズをもらうという点では、本当に変わっています。

 

このため、キッチングッズをもらって嬉しいと感じる内容を展開するのは、とっても特別な日に限られています。それが卒業記念品なんですよ。

ですから、本来ベースでもらいたくないタンブラーなどの重たい記念品が、逆に

重たいからこそ価値が出るようになるのです。

 

「あの人は私たちのことをきにかけていたんだなぁ」

となるわけです。

これが記念品なんですよね。

 

こうしたヒントから、タンブラーや水筒を使う目的や意味などを、しっかりと認識して

対策するのが流れになっています。

こうした対策ができる所は、非常にプラスに働きますし、働くからこそ、

プレミアムがつく感じなんですよ。

 

単に皆が使っているから使うのではなく、思い出の重さとタンブラーなどのオリジナル度の相乗効果を狙うこれがキーワードです。

 

こうした点は意味あるものとしましょう。

2013年9月5日