オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

震災後、浄水器の普及率上昇 RO浄水器なら放射能除去も

 

スポンサーリンク

 

震災後から、浄水器の普及率が急速に伸びているそうです。

浄水器協会の調査によると、国内の浄水器普及率は1999年の調査開始から2009年までは30%前後で推移していたが、震災のあった2011年には一気に40%近くまで伸びているそうで、関心が高くなっていることが分かります。

震災後は、「浄水器で放射性物質が除去できるのか」という問い合わせが急増していたそうです。

原子力発電所の事故などによって飛散される放射性物質の大部分は、放射性セシウムと放射性ヨウ素ですが、放射性セシウムは水道水浄水過程で除去されるので、放射性ヨウ素について実験を行った結果、一般的な浄水器での除去は難しいですが、RO浄水器(逆浸透膜浄水器)では除去できることがわかったそうです。

最近ではポット型やタンブラー型などの様々なタイプの浄水器があるので、手軽に美味しく水道水を飲めるようになってきているのも注目を集めている理由の一つみたいですね。

 

NEWS ポストセブン 4月15日(月)7時6分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130415-00000006-pseven-life

 

このニュースに関連した当店の商品

ストッパー付き 真空ステンボトル300ml 1個

ストッパー付き 真空ステンボトル300ml 1個


 

2013年4月23日

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク