オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

弁財天の水をタンブラーに入れて金運UP

今年の干支である蛇は蓄財の神様である弁財天の使いと言われていて金運アップに効果があるといわれているそうです。

そのため、弁財天へのお参りをする事で、蛇のパワーを取り入れて金運をアップする事ができるそうです。

弁財天は水の神様としての一面も持っているので、弁税店が祀られている神社にある手水舎や湧き水を飲んだり、それをタンブラーに入れることでご利益を得ることができるそうです。

今年は金運を上げて景気良くいきたいと思っている方は是非、タンブラーを持って弁財天に御参りをし手見てください。

NEWS ポストセブンより

新年が明けて、はや2週間。今年こそは宝くじが当たりますように――と初詣でお願いした人も多いのでは。

しかし、風水師の祈優さんによると、「漫然と金運アップをお願いしても効果は半減」なのだそうだ。

「今年は巳年なので、“ヘビパワー”を利用した金運アップ法がおすすめです。ヘビは古くから蓄財の神・弁財天の使いとされており、金運アップに効果があるのです」(祈さん、以下「 」同)

祈さんに巳年の今年ならではのヘビパワーを取り入れる方法を聞いた。まずは、ヘビの主ともいうべき弁財天へのお参りだ。

「弁財天が祀られている寺社は長寿や知恵を与えてくれることで知られていますが、今年は特に金運効果が期待できます」

境内の中でも特にヘビパワーの恩恵にあずかれるのが、参拝時に手を洗い、口をすすぐために使う手水舎や湧き水だという。

「ヘビが仕えている弁財天は、水の神様としての性格も持っています。当然、その使いであるヘビも“水”の力を宿しているのです。手水舎の水や湧き水を飲んだり、タンブラーに入れて持ち帰るといいでしょう。体内に直接取り入れることで、ヘビパワーを吸収しやすくなります」

古代中国の「五行」という考え方によると、水は金と相性がよいため、宝くじで高額当せんを狙うなら神奈川県鎌倉市の「銭洗弁天」で水洗いしたお金でくじを買ったり、あるいは購入したくじそのものを洗うのも効果的だという。まずはこうした弁財天に参拝し、水を通じてヘビパワーを取り入れよう。

2013年1月16日