オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

象印マホービン、子供向け2wayのステンレスボトルを発売

「コップをはじめて使う子供」をターゲットにした2wayタイプのステンレスボトルが魔法瓶で有名な象印から発売されるそうです。

従来の2wayタイプの物はボトルに直接口をつけて飲む事とボトルに付属しているコップに注いで飲むという物が主流でしたが、こちらの商品では子供をターゲットにしている事もあってストローとコップの2通りの飲み方ができるようになっているそうです。

また、象印の魔法瓶の技術がしっかりと組み込まれており、「夏は冷たい物を、冬は暖かい物を子供に飲ませたい」という消費者の望む声をしっかりと抑えた保温保冷両対応の魔法瓶に仕上がっているようで、子供の幼稚園のお弁当や遠足のお供にも最適な商品となっています。

また、子供向けをコンセプトにしたこの商品は従来の2wayタイプと異なり、ストローとコップの二通りのの味方となっているので、魔法瓶の効果で熱いままの飲み物でもストロータイプで飲めば子供が火傷する可能性も低いと思うので、そういった安全面においても優れた商品だと思います。

毎日新聞より

象印マホービンでは、コップをはじめて使う年代のお子さまをメインターゲットに、飲み口を付け替えることにより、“ストロー”と“コップ”の2通りの飲み方ができる2wayタイプのステンレスボトル『TUFF』(SC-ZS45型)を平成25年1月21日より発売します。

◎商品概要

▼商品名
ステンレスボトル「TUFF」
▼品番
SC-ZS45
▼希望小売価格(税込)
5,250円
▼発売予定日
平成25年1月21日
▼生産計画数
初年度月産10,000本

ステンレスボトルの市場は、ここ数年、約1200万本(※1)と安定的に推移しています。そうした中で、シーンに合わせて異なる飲み方ができる、児童向けの2wayタイプのステンレスボトルの需要は急速に拡大しており、平成24年は約90万本、平成25年には約120万本になると推測されます(※1)。

(※1)当社推測値

これまでの2wayタイプのステンレスボトルは、直接飲み口に口をつけて飲むダイレクトタイプと、中せんをセットしてコップで飲むコップタイプの切り替えが主流でした。しかし、コップをはじめて使う、幼稚園や保育園の年代の水筒事情としては、「年少だとコップはこぼしやすいので最初はストローを使う」「子どもにストローではなくコップで飲む練習をさせたい」「冬は温かいものを飲ませたいので保温保冷両用タイプが良い」などの声が聞かれます。

当社では、そうした市場のニーズに応えるべく、従来のダイレクト/コップの2wayタイプよりも少し低い年齢の、コップをはじめて使う年代のお子さまをメインターゲットに、ストロータイプとコップタイプの2通りの飲み方ができるステンレスボトル『TUFF』(SC-ZS45型)を発売、2wayタイプの市場に参入します。

保温・保冷力、軽量コンパクトといった基本性能はそのままに、飲み口を替えることでストローとコップの2通りの飲み方ができ、幼稚園やおでかけなど様々なシーンで使い分けることができます。

デザインは、男の子向けには、小さな男の子が好きな「働く車」をモチーフとし、根強い人気のブルーとブラックの組み合わせを採用。女の子向けには、ファンシーグッズなどで人気の「動物柄」に、定番のピンクにキッズファッションで旬の、薄いパープルをアクセントにしています。

■問い合わせ先■象印マホービン<7965.OS>
お客様ご相談センター
TEL:0570-011874(ナビダイヤル)

2013年1月16日