オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

石塚英彦、110キロの“規格外”刑事で連ドラ初主演

 

スポンサーリンク

 

お笑いコンビのホンジャマかの石塚英彦さんが4月より、テレビ朝日系にて放送される『刑事110キロ』というドラマにて、連ドラ初主演を務める事が分かったそうです。

110キロの巨漢で人の良さそうな新人刑事という、今までの刑事ドラマとはかなり異なる設定のドラマで、今から放送が楽しみの作品ですね。

オリコンより

お笑いコンビ・ホンジャマカの石塚英彦(51)が、4月スタートのテレビ朝日系ドラマ『刑事110キロ』(木曜 後8:00)で、芸能生活31年目にして初めて連続ドラマの主演を務めることが18日、わかった。石塚は「20歳で劇団ひまわりに入団して以来、長年の夢でした。51歳にしてその夢がかなうとは、本当にうれしいです」と喜びを爆発。「実際の体重は117キロで、これまでプロフィールをごまかしてきたことは一度もなかったのに…51歳にしてまさかのアクシデントです」と、体重のサバ読みも笑い飛ばした。

放送中の『科捜研の女』や『京都地検の女』など、数々のヒットシリーズを輩出している『木曜ミステリー』枠に、すべてが“規格外”の刑事ドラマが誕生する。川島誠史プロデューサーは「自然に周りを巻き込んでいく包容力が“石塚英彦の魅力”だと思い、その魅力を最大限詰め込んだ主人公にしようと思いました」と、石塚ありきの新企画に期待を寄せる。

石塚が演じる主人公・花沢太郎は、長年の交番勤務から一転、“捜査一課長付き刑事”という異色のポストに抜てきされた新人刑事。それも110キロの巨漢で、外見はまるで刑事に見えない。しかし、交番勤務で鍛えた鋭い洞察力と人間観察力を働かせ、緊張感のない笑顔で人の懐にするりと入り込み、愛用の水筒付きリュックを背に巨体を揺らして京都の街を走り回り、真相に迫っていく。

過去に同局系土曜ワイド劇場の人気企画『内田康夫サスペンス・福原警部』をはじめ、刑事役は多々ある石塚だが、連続ドラマの主演は今回が初。それでも「僕ができることを理解してくださった上でのキャスティングだと思うので、初めての主役にプレッシャーを感じず楽しんでいきたいと思います」と余裕を見せる。

現在、自身の体重がタイトルより7キロオーバーしていることより、クランクアップまでに(110キロ以下に)痩せてしまうことのほうが心配な様子で、「幸い、撮影所の目の前にラーメン屋さんがありますので、カロリー摂取はきちんとしていこうと思います」と意気込んでいる。

ほかに、太郎を刑事に抜てきする新任の捜査一課長・錦織玲子に高畑淳子、殺人の前科を持つ謎を秘めた小鍋屋の女将・あかね役に竹下景子らベテラン女優陣がバックアップするほか、捜査一課の同僚に中村俊介、星野真里らが共演。

ドラマは1話完結のエピソードと、シリーズ全体を通してあかねを巡る事件の全容が明らかになっていく。石塚は「今までにない新しい刑事ドラマを目指していきます。僕が刑事を演じるという時点ですでに、常識の枠を超えているんですが、ハートフルでありながら犯罪を決して許さない花沢太郎の活躍と、1話ごとに練り上げられた物語に、ぜひご期待ください」とアピールしている。

2013年2月19日

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク