オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

グラスでもオリジナル印刷が可能という事例

resize_P1480024

 

この景品を見たとき、

「ああ!そうだこれなら説明できる」「おお!綺麗に出来上がってるね」という感じがしました。

当店では、タンブラーや水筒に名入れ印刷をしますが、同じようにこうした垂直のグラスに名入れ印刷をした事例があれば、非常に説明が簡単になります。結果としては、全く別の商品を見ることで、今の水筒などの「回転印刷」の事例が非常にわかりやすくなります

 

また、グラスなので、透明タイプですから、どのような印刷方法になっているのか、視覚的に分かりやすい点が評価が高いと思いますし、色々と説明しやすい点だと思います。こうした点から参考までに説明していきます。

 

resize_P1480016 resize_P1480018

 

まず、グラスにしても、水筒にしても共通しているのは、こうした垂直型です。上から下まで同じ「幅」になっています。ですから、こうした名入れ印刷が非常にしやすいと言えます。更にいえば、見た目の綺麗さも、名入れ印刷の中で、回転印刷はグレードが非常に高いレベルだという認識も出来ます。

上の画像のように、細かい点や、ベタ印刷の綺麗な仕上がりなどは、素晴らしいと思います。

 

resize_P1480019 resize_P1480022

 

これに応用されるのが、こうしたイラストタイプのキャラクターグッズです。タンブラーや水筒でもありますが、こうした1色の名入れ印刷のタイプの対応は、意外と人気であり、見た目の派手さが、オリジナル度をぐーんと上げてるのがわかります。こうした点から、オリジナルグッズ制作における方法論として、名入れのオリジナル製作が人気になるのは自明でしょう。

見た目の派手さは、差別化につながりますし、また、ファンにとっては印象深いものになりますからね。ですから、こうした「痛グラス」のような派手さが必要なのです。

 

基本は、こうしたオリジナル製作における名入れは、商品のグレードアップを上げますから、オススメ度としては、デザインの良い悪いで大きく差が出ます。

今回のようなグラスでもしっかりとデザインされたものは、市販でも販売されるほど、希少価値が出ますからね。

2014年11月10日