オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

ヤマザキのパンが自社トラックを持っている理由とは

 

スポンサーリンク

 

20140227

 

食べ物輸送については、本当にきおつかいますね。当店では、タンブラーや魔法瓶などを扱って、いわゆる「キッチングッズ」になるのですが、それでも大変です。

まして毎日パンを製造して、配送するとなると、1個でも不良品があれば、大事になるでしょう。

 

当店においては、全ての商品が自社商品ではなく販売卸品となるため、基本は全てメーカー責任として転嫁できます。

しかし、商売ですので、こうした話の流れとしては、窓口は当店になっているので、責任はゼロではありません。

過去にゴミが入っていたなどのクレームがありましたが、今はほぼなく、あったとしても、洗って使うような感じになっているのが現状でしょう。

また、こうした「使用上の注意」もしっかりとしている現状です。

 

さて、今回の自社流通ですが、下記の記事でした。

数字のオモテとウラを学ぶコラム:「山崎製パン」が自社トラックを持っているのはなぜか (1-4) – Business Media 誠

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1402/26/news013.html

 

内容を読むと、まず安全性です。自社トラックですから、製造されたパンに異物が入っている場合は、すべての責任がヤマザキパンにあります。

次に、3月末なのでトラックの需要が高まると、配送できない場合があり、こうしたリスクを回避するためには、自社トラック便が必須なのです。

このため、こうした経緯があるみたいです。

2014年2月27日

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク