オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

水筒がなくなり、ステンレスボトルも無くなる件

 

スポンサーリンク

 

当店は専門店なので、あちこちから同じ質問を何度も受けました。

本来ならトップページへちゃんと掲載したいのですが、「在庫ありませんか?」と問い合わせが多く、同じ質問に対して、同じ返答をしているので面倒です。

質問している方も、ある程度は予想された感じなのですが、1件1回を数十件していたら大変なのは当店です。結果、完売状態で情報をシャットダウンしました。

では、どうしてこんな玉突きが起きているのでしょうか。

 

円安による原価が割れている状態

仕入れから大きく逸脱しているのが原価。これは仕方が無いことなのですが、水筒の場合、単価が高い部分があり、ある程度、ギリギリの単価で設定していたのがあだ。

その結果、大きく「赤字」になる部分があり、結果として「継続不可」となりました

それが1社の特別の理由ならいいのですが、それが全ての仕入れ先で起こっている現状なので、みんな共倒れ状態。

結果どうなるかといえば、次の項目になります。

 

大量一括買いの大手

1度に数千個・1万個をオーダーする大手が、「もうこの単価では仕入れることが不可能だな」と判断して、数百万円・数千万円で買い上げました。

これは酢晴らし事なのですが、その他の中小からすれば、いい迷惑であり、一気に水筒が無くなった現状です。

気付いた時には、もう手遅れ。

「あれも無い・これも無い」という状態がいっきになりました。

 

 

玉突き現象が出てきた瞬間

「あれも無い」「これも無い」となると、どうなるのか?

もともと、7月にボトルや水筒を使うシーンとして、毎年、使っているお客様はいい迷惑です

結果として、これがダメならこちら という風にスライドして、「あれもこれも買い上げ」という状態になりました。

これがあちこちで商品が完売している状態です。

 

 

多く仕入れたら逆に高くついた逆転現象

現状、今の円安の為替の状態であれば、結果として、多く購入しても、逆に「値上げ」になる逆転現象があります

これは大きな驚きなのですが、この状態であるがゆえに、今ある在庫は激安という流れが定着するのに最適な条件になっています

この結果、こうした現象が出てきているわけです。

 

 

2015年7月6日

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク