オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

ギフト向けに対策にするのか、それとも記念品で対策するのか

 

スポンサーリンク

 

タンブラーの製作については、2つの流れがあり、ひとつはメインのタンブラーですが、もうひとつは水筒の製作であり、そのため、この2つのどちらかを選ぶ必要性があります。
次に、冬になるとマグカップ系も増えており、マグカップの製作もコップとしての流れから加わります。

 

こうなると、多種多様であるから、結果としては、あちこちにギフト向けや記念品向けの商品の展開がメインとなります。
流れとしては、仕方が無い面があり、その都度の対策をしなければいけないのがメインとなるでしょう。

 

しかし、こうした行き当たりばったりの対策では、売り上げの確保につながることはなく、大きく売り上げを上げる対策をしっかりとしておかないと、他のサイトのとの差別化につながらないため、結果として、類似サイトのように、あまり大きな期待が持てる感じがないと思います。
ですから、記念品向けの販売方法として確立するのか、それとも1個単位としてのギフト向けの対策をして売り上げを確保するのか、判断しなければいけないと思います。

 

こうした展開においては、個人向けに対策する手法として、ショッピングモールのようなパターンがあり、それなりの売り上げ確保にはつながりますが、他店の調査を見る限り、それほど付加価値が高いような感じがありません。
また、個人レベルでの対策商材が多い部分もあり、数百万円・数千万円のオーダーまで伸びしろがあるかといえば、全くないでしょう。

 

記念品などは、シーンにあわせて展開するため、いまの時期では卒業記念品などがあり、生徒の数に比例して対応するのがメインとなります。
しかし、これも生徒数の数が減少しているので、大きな売り上げに確保できるとは思いません。

 

ですから、結果としては、個数はそれなりに対応して、その顧客数でカバーする、幅広く広々として対応し、深さは少ないけど、その広さでカバーするのがよいでしょうね。

 

基本は商品だけの販売であれば、個数×数量ですから、効率的に対応できる仕組みづくりがメインとなります。
これは買い物カゴタイプの販売方法をメインとして展開すればいいだけでありますから、それほど難しいと思う点は少ないです。
こうした点をふまえて、ギフトや記念品として展開していけばいい感じになると思います。

 

次はオリジナル製作です。
これは先のギフトや記念品とは全く違う工程ですから、この部分で付加価値を上げる手法を手に入れたほうがよいでしょう。
この点が重要になると思います

 

このタイプは基本としては、オーダーメイドなので、しっかりと対策しないといけません。
オーダーメイドの方法は専門的であるため、ある程度はプラスになる可能性がありますが、それも標準化する場合があり、それほどメインではない場合もあります。
結果としては、こうした方法や手法もある程度のやり方がありますので、販促品向けの専門店としての確立をしておけばそれなりにプラスになるのは当然の帰結でしょう。
こうした差別化の方向性がしっかりとあれば、簡単に手軽に独自のコンテンツとして評価がされると確信しています。
販促品なので、法人がメインであり、法人対策がしっかりと専門化すれば、オンリーワンとして評価があります。

 

しかし、個人向けとしてもオープン化していますので、その点については、どうにかして対策しなければいけないと思います。
プロ向けのサービスと、それ以外のサービスを比較した場合、あまりプロ向け対応のページにしておかなければ、いつまでも自由な感じがあり、どうにかして対策しなければいけないと思います。

2014年11月2日

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク