オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

水筒とタンブラーの違いについて

 

スポンサーリンク

 

タンブラーと水筒の違いは何なのか?

非常に専門的な質問と答えになります。多くのオリジナルグッズを製作していますので、答えとしては「オリジナル度」となります。

 

 

水筒を買う人は予算がある大手企業

まず、水筒を購入する場合には、1個当たりの単価が高いので、まずもって、水筒を購入=予算がある という想定が自然に出来ます。

つまり、それだけ付加価値が高いオリジナルグッズを製作しようと考えているからです。

それだから、オリジナルの名入れ印刷も自然と「こだわった」形になるのが自然の流れになります。このため、水筒のオリジナルの印刷のデータを見ると、

いつもハイレベルな部分が多分にあります。これは本当に良い感じです。

こうして考えると、水筒の方が圧倒的に付加価値が高い会社と、内容がリンクしているのがわかります。

 

 

タンブラーは一時のブーム商品

タンブラー自体はそれほど悪くありませんが、一時的なブームです。

今のブームは真空断熱タイプのステンレスタンブラーがメインであり、1個当たりが3000円もするのがあり、父の日などで配るオリジナルグッズとしては価値があるわけです。当店でも1個600円程度で同品質がありますが、他店で多く告知して展開しているため、または量販店でもあるわけで、自然とみんなが手にする機会が多くなり、ブームになりやすい部分もあります。このため、初めての方が多いのが特徴で、自然とクオリティがその場程度が多いです。

 

 

 

ギフトか贈答品かキャンペーン品か

購入した人は、自分用に1個購入しているわけではありません。法人なので、ある程度の数量を購入して、オリジナル度を高めているのがメインとなります。このため、使用目的がギフトか贈答品なのかで、数量が違い100個以下が多いのが現状です。

これに比較してキャンペーン品となると、大手の販促企画なので使うため、1000個単位となり、その分、予算も高く、その分だけクオリティを上げるノウハウが全く違うため、それなりの付加価値作りにします。100個以下の場合は、個人レベルが多く、その分だけ、個人の差が大きく出て、こだわりがある人は、その分だけオリジナル度が高いですが、まったく無い人はその分だけ、普通になるのがメインとなります。

 

 

短納期か記念日か

当店の場合はネット通販なので、基本として短納期のイベントに間に合わせる為に製作するのが多いです。このため、基本として、製作日数が少ないのが多く、クオリティを追求する時間がないのが現状です。これに比較して記念日(周年記念・創立記念)などは、最初からある程度の時間をかけて展開しますので、それなりのクオリティを最初から用意して展開します。この差が水筒などに良く現れています。

2014年7月22日

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク