オリジナルタンブラー・水筒いいね

履歴 TOPへ

最近の学校の水事情?

 

スポンサーリンク

 

これは全国的なことなんでしょうか。

 

我が子は埼玉の中学生ですが、毎日水筒に水かお茶を入れて持っていっています。
子供に言わせると、学校の水はまずくて飲めないそうです。

 

そういえば、小学校の時から学校で水分を取っていなかったらしく、学校で飲むのは給食の牛乳だけということも。
水の味など、人によって感じ方もマチマチでしょうから、問題なく飲める子供もいると思います。

 

でも、学校の水の味、なんとなくわかります。
確かにまずかった気がします。

学校

 

朝一番の水はとりあえず流しっぱなしにしなければ臭いも味もひどいです。
これは集合住宅なども同じことが言えるでしょう。

 

しばらく流しても、夏などはカルキ臭がひどい場合も多いですから、自宅から水筒を持っていきたくなるのもうなずけます。

 

学校ですので、中身は「水」か「お茶」と指定されています。
でも、中には甘い紅茶やジュースを密かに持ってくる子供もいるようです。
匂いがしなければバレないのでしょうが、成長期に毎日甘い飲み物というのは感心しません。
成長期だけに限りませんが、是非お水かお茶にしていただきたいものです。

 

それに、水筒に甘いものを入れるとベタベタしてしまって、洗うのが大変になる気がしますがどうなんでしょう。
子供達は自分で洗っているんでしょうか。

 

お茶でも、茶渋を取るのは結構大変ですよ。
冬は暖かいものを飲みたいですが、お湯だけではちょっと・・・ですからお茶や紅茶を持っていくようです。

 

その点、夏は手軽です。
水に氷を放り込めばいいわけですから。

 

でも、兄弟の多い家は、毎朝氷の争奪戦で大変だそうです。
中学生は部活もハードですから、夏は氷水を飲みたいですよね。

 

争奪戦に負けて、ぬるい水を持ってくる同じ部活の友人のため、我が子は氷を多めに入れて持っていくことがあるようです。
青春ですねぇ・・・。

2014年1月8日

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク